夏日・真夏日・猛暑日

猛暑日とは

今日、鳥取は気温が35度以上となる「猛暑日」にあたります。

まあ暑いよね。・・・夏日(25度以上)

めっちゃ、暑いよね。・・・真夏日(30度以上)

まじ、暑すぎるよね。・・・猛暑日(35度以上)

40度以上になると、より命の危険が高くなります。

そんなときは、外に出ないほうが良いですねえ。

エアコンのありがたさ

ぼくは、オフィスを持たないで、外に出て仕事をしているので、

出先のお客様の環境は大事です。どこでもエアコンがあって、快適です。

感謝ですねぇ。

問題は、空き時間、どこに行けばいいのってことになります。

時間がたっぷりあれば、家に帰ってもいいだろうし、

気温が30度超えないうちは、まあ、クルマの中でいいかなって思う。

窓を開けていれば気持ちのいい風も入るし、まあまあ快適かな。

ところが気温が35度を超えた途端、状況は変わります。

クルマ?100%無理!ってなります。

とりぎん文化会館フリースペース

今日は、平日だし、昼間は鳥取市内だったので、

とりぎん文化会館のフリースペースに来ました。

冷房は効いているし、割とすいています

無料のWi-Fi

ここでは、NCN Wi-Fiが無料で使えます。ただし、ときどきサインインを求められます。

SNSのアドレスで登録しておくと、面倒がなくて便利です。


無らい県運動をやってしまった反省と誓いの碑

とりぎん文化会館の外に出ると「ハンセン病強制隔離への反省と誓いの碑」が建っています。

鳥取県はかつて「無らい県運動」をやっていました。当時、ハンセン病にかかった人は、ハンセン病療養所に強制隔離させられました。政府の隔離政策が廃止となった今でも、故郷に帰れる人は、ほとんどいません。

新型コロナによって、同じような思想があぶり出されてはいないだろうか。

ワクチンの摂取ではどうだろうか。どうか、排除や差別につなげないでほしい。

ただいま、おかえりって言いあえるまちに〜みんなで広げよう、シトラスリボンプロジェクト

「いつの日にか帰らん」とは、唱歌「故郷」の歌詞の一節です

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。