架空Windowsアカウントって?

ESETを使っています

パソコン教室のエフセブンで使用するデバイス(パソコンなど)には、ESET Internet security というアプリ(ソフト)が入っています。

ある日、Surface Pro7を使っていたら、Anti-Theft(アンチセフト)の設定を促す旨のメッセージが出てきて、開いてみると「“架空Windowsアカウント”が必要です」との言葉が書かれていました。以下がその画面です。

これは、もしパソコンが盗まれたときには、別のデバイスから、ESETアカウントにログインして「紛失した」という設定にすれば、それまで使っていない架空のWindowsアカウントが自動的に作られて、それまでの情報にアクセスできなくなる仕組みのようです。

これは、Anti-Theftを「使用しない」という設定にすれば、出てこなくなります。

これって、便利なのかな。うっかり「紛失中」とかにしちゃったら、データが見えなくなって、慌てそうですね。いろいろあるんですね。

ESETそのものは、軽くて、使いやすいソフトです。お勧めですよ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。