頭の中にいつまでも残っている、ストレスや、不要な記憶、思い込みをクリアにすることができます。

アクセスバーズ

 アクセスバーズは、頭を中心とした32箇所のポイントに指先で軽く触れるだけで、深いリラックスを得ることができるリラクゼーションです。ぼくは、2022年11月、その施術をすることができる、アクセスコンシャスネスの「アクセスバーズ・プラクティショナー」の資格(認可ファシリテーターによるクラスを修了した証書)を取得しました。

20 November 2022にHiroko Oomsさんのクラスを受けて取得した証書です

 ここからは、ぼくの解釈が加えられた見解であることは断っておきます。ここで言っているバー(Bars)というのは、電気信号がつながる経路のようなものだとぼくは理解しています。人間のカラダは、エネルギー体です。エネルギーが循環することで生命が維持されていることは疑いのない事実です。そこで重要な役割を担っているのが経路を通じてやり取りされる電気信号です。特に脳を内側に持っている頭部は、カラダ全体の状態を適正に保つ役割を担っています。常に様々な信号が発せられていることは脳波測定などで知られています。

 この資格を取得する前に、ぼく自身が何度かこのリラクゼーションを受けたことがありました。1回目の施術を受けて数時間くらいで、頭の中で繰り返されていた様々な思考がクリアされた感覚に気が付きました。施術中目を閉じていましたが、覚醒した感覚があるにも関わらず「よく寝ていましたね。」と言われました。実際にいびきをかき、寝息が聞こえたそうです。右腕に装着していたApple Watchの睡眠時のデータを記録するアプリでは、あまり見たことのない瞑想状態のような一定の眠りの直前のような状態を示すラインが見えました。そもそも覚醒していれば、このアプリが記録を取ることはありません。カラダは眠っているのに、意識は覚醒していて瞑想状態だったことがこのことからわかりました。その後何度かデータを取ってみましたが、やはり同じような覚醒、瞑想状態が記録されます。

 それに、施術中は、はっきり夢とは違う映像が見えました。光が見えたりもしました。

 後日、自分が施術できるようになって、施術している自分自身も意識がはっきりしているにも関わらず、瞑想状態であることがわかりました。バーズを受けている人を通じて、電気信号を共有しているのではないかと思います。

 ここまで読んで不思議に思われた方もあると思います。ぼく自身、最初は興味半分、疑い半分でした。

 施術者がアクセスバーズを学ぶ上で重要な考え方である「クリアリング」「ポイント・ビュー(視点)」というものがあります。人は無意識に思いこんでいること、無意識に避けていること、無意識に行っていることがあります。それが習慣を作り、人生経験を重ねているのだとしたら、今の環境を作っているのは、自分自身だということになります。知識や記憶をもとにこれまでと同じように考えて行動をすることもあっていいのですが、それよりも、その根本である思考を整え、クリアにすることで、行動の選択が変わります。アクセスバーズでは、クリアリングステートメントによって、そのことが示されます。「ただ唱えるだけでいい。」というような説明をされることもありますが、それは、理解した上でのことだと思います。事実、このクリアリングステートメントについては、アクセスコンシャスネスでは繰り返し、動画を通じて説明がなされています(ほとんどが英語です)。

https://www.accessconsciousness.com/en/about/how-it-works/the-clearing-statement/

今は出張のみお受けしています

 アクセスバーズは、状態によって変わりますが、約1時間の施術になります。最初に10分程度説明、準備をさせていただきますので、90分程度の時間の余裕は見ておいてください。

 施術には、リラックスして横になれる場所が必要です。簡易ベッドがあったほうがよければ、準備することができます。

 当面は60分6,600円の施術コースのみをさせていただこうと思っています。

 もしご興味がありましたら、ぜひ090-6835-2701(+81 90 6835 2701)岸本みゆうまでご連絡ください。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。