SSD化で爆速パソコンに化けました。

ハードディスクにエラーがあって、低速不調なパソコンをなんとか使えるようにしたいと、ここ数日間悪戦苦闘していたわけですが、SSDを買ったはいいけど、接続するケーブルがなかったり、その後SSDにコピー(クローン)を作ろうとしたけど、途中でエラーになって、何度もやり直したりということがありました。

ようやく、その苦労が報われて、HDDをSSDに差し替えて、そのパソコンで試験的にこのブログを書いています。

え?これが、あの超低速エラーパソコン??と思うくらい、爆速パソコンに生まれ変わりました。

パソコンの速度を決めるのは、CPUであり、メモリの容量と性能だみたいな先入観がありました。今回は、CPUもメモリもそのままで、内臓ストレージを変えただけでした。パソコンは「富士通LIFEBOOK AH56/J」、CPUは「Intel(R) Core(TM) i5-3210M CPU @ 2.50GHz 2.50 GHz、実装 RAM 8.00 GB (7.86 GB 使用可能)」というスペックです。

何しろ、8年くらい前のパソコンですから、正直あまり期待はしていなかったのですが、こうしてタイピングをしていても、Surface Pro7(Corei7、8GB)より快適かもと思うくらいです。

ストレージのスペックで、こんなに変わるんだという実感でした。

SSDも今では5年保証を付けても、そんなに高くないですし、これなら、もうハードディスクいらないんじゃないかな。
ちょっと、感激でした。

ランキング1位獲得! Crucial クルーシャル SSD 1TB(1000GB) MX500 SATA3 内蔵2.5インチ 7mm【5年保証・翌日配達送料無料】CT1000MX500SSD1 7mmから9.5mmへの変換スペーサー付 パッケージ品 スーパーSALE

価格:12,180円
(2021/3/6 01:43時点)
感想(243件)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。