デジタルなペン

Apple pencilは、数カ月使ったあと、電源喪失で使えなくなっちゃいました。

めちゃ高価な「使い捨てペン」でした(´;ω;`)ウッ…

バッテリー内臓のペンは、バッテリーが消耗すると、使えなくなります。

しばらく使っていない間に完全放電してしまい、電池交換もできず、無用の白いオブジェになっています。

写真に写っている2本のペンは、電子書籍kobo Sageで手書きで書き込むのに使うスタイラスと、Microsoft Surface Pro7で使っているSurface Penです。

買ってから気が付きました。

同じ単6乾電池、同じ方式のペンなので、見た目もそっくりで、長さもぴったり同じ。どっちもkoboでもSurfaceでも使えました。ペン先がちょっと違うので、ペン先は共用はできないみたい。

ボタンの位置は少し違います。koboスタイラスは、握ったときに人差し指が当たる位置に2つボタンがあって、手前が消しゴム、ペン先に近いほうが蛍光ペンっぽい太い線になっています。

Surfaceペンは、反対向きで消しゴムになったり、メニューが選べたり、Surfaceで使うと、いろいろな機能が使えます。ペン先がしっとりした感じで、紙に書いている感覚は、Surfaceペンの方がリアルです。

Kobo スタイラス

価格:4,980円
(2022/1/4 23:04時点)
感想(1件)

マイクロソフト 【純正】 Surface Pro 対応 Surfaceペン シルバー EYU-00015

新品価格
¥9,299から
(2022/1/4 23:08時点)