Googleドキュメントを使う


最近は、Wordでも、オンラインで使えるものが出てきました。Microsoftアカウントがあれば、誰でも無料で使うことができるし、他の人と文書を共有することもできます。

Wordと同じようにオンラインで使える文書作成アプリは他にもいくつかあります。

その中でも、おすすめなのは、GoogleドキュメントとDropbox Paperの2つです。最近は、文書作成だけではありませんが、Notionもオンラインで文書作成ができて、他の人と共有できる点では便利に使えます。

音声入力との相性はどうか

それぞれに一長一短があるオンライン文書作成アプリですが、音声入力との相性という点では、ぼくの環境では、Googleドキュメント一択でした。

音声入力は、今回iPhone SE2で標準の「日本語ーかな入力」を使っています。

Dropbox Paperを使ったときに、途中で文書が更新されて表示されるらしくて、音声入力で表示されるはずの文字が見えなくなることがありました。Googleドキュメントの場合は、その点でストレスがありませんでした。

Dropbox Paperの強みは、共同作業がスマートにできる点でしょう。使い方の詳細については、また機会があれば紹介したいと思います。

歩きながら、運転しながら

あくまで、安全に、自己責任でということになりますが、「Googleドキュメント+音声入力+スマホ(iPhone)」という組み合わせは、最強です。歩きながら、運転しながら、あるいは部屋で寝そべって、本を読みながらでも、文書の文字入力ができてしまいます。

実際にこのブログ記事の最初の方は、そのやり方で書いたものです。

まわりが静かな環境で、一人でぶつぶつ言ってもおかしくない状況であれば、キーボードから文字を入力するよりも早く、文字を入力することができます。

今後、この組み合わせが役に立つ場面が多く出てくる可能性があるでしょう。