「カミサマ」ありがとう

古い書類などの紙(かみ)を処分するときに、ぼくは、ビリビリに破りながら、心からありがとうを言う。

「捨てる」のではなく、ぼくの外の世界に「返す」という感覚だ。

紙そのものは、古代から、情報を残して、伝えるものとして発明された。

古代では、情報を残し、伝えるために、木や布に文字を書き、石に文字を刻んできた。

紙の登場によって、伝わる情報量は格段に増えた。まさに「カミサマ」だ。

現代、コンピュータ、インターネットの登場によって、さらに飛躍的に情報量が増えた。

その結果、紙は主流から外れることになった。

一時期、一切紙を使わないペーパーレス社会が実現するように言われたことがあったが、紙の利用は減っていないようだ。

アスカ クロスカットシュレッダー 卓上スリムデザイン 連続10分 最大3枚細断 B03G グリーン

新品価格
¥3,200から
(2021/8/1 11:51時点)

個人情報が印刷されている紙は、ビリビリでは捨てられないので、シュレッダーでさらに小さくカットして捨てます。

上のシュレッダーは、ぼくが使っているB-01(同時に2枚まで、連続稼働3分まで)よりは、大きいけど、それでも机の上に置けるコンパクトさだ。

小さくても、しっかり細かくクロスカットされるのが特長で、容量も大きいので、次に買うのは、B-03かなぁ。

アスカ Asmix クロスカットシュレッダー B-01 ホワイト 〇YR-07088〇

価格:2,786円
(2021/8/1 12:51時点)
感想(0件)

上記のB-01はリサイクル品なので、ご注意を。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。