ちビットコイン(^^;

小さなお金の単位

 日本での、お金の最小単位は「1円」です。1円より小さい金額、たとえば0.5円というような金額は、計算上ではあっても、実際にお金をやり取りする上では、存在しません。

 ところが、仮想通貨(暗号資産と言ったりします)には、小数点があります。たとえば、ぼくが現在、ある“暗号通貨取引所”に持っているビットコインは「0.00008225 BTC」です。日本円に換算すると現在のレートでたったの220円です。

 小数点がつく数ってわかりにくいですよね。たとえば「1,200円」を「1.2千円」「0.12万円」とかって言うようなものですから「ええっと・・・、結局それは、いくら?」ってなりますね。実は、ビットコインの最小単位は小数点以下「8桁」で、「0.00000001 BTC」を別の言い方で「1 Satoshi」という言い方があります。だから、ぼくが持っているのは、「8,225 Satoshiだよ。」とも言えるわけです。こう言うと、なんだか、たったの220円とは思えませんよね。なぜ「Satoshi(サトシ)」なのかというと、ビットコインの生みの親がサトシ・ナカモトだからなんだそうです。この方が、日本人かどうかはわかっていません。

これから3年、毎月3,000円分のビットコインを購入します

 この現在わずか220円(=8,225 Satoshi)のビットコインを2023年に毎月その時のレートで3,000円分ずつ買っていくと、年末にいくらになるでしょうか。単純に計算すれば3,000円×12ヶ月+220円で、36,220円となるはずです。来年の12月末には、72,220円です。再来年12月末には、108,220円となります。

 これは、実験です。2025年12月末に10万円を超えた分、つまり利益になった分については、どこかに寄付をすることにします。まだどこに寄付をするかは決めていませんが、やはり子どもたちのために使いたいですね。鳥取子ども学園かなぁ・・・。あしなが募金かなぁってところです。

寄付できるかどうか

 ビットコインの価値が上がれば、寄付ができます。下がれば、丸3年経っても、10万円にもならないかも知れません。どっちだと思いますか? 予測はできませんね(笑)まぁ、でも、寄付したいなぁと思います。ぼくの予測では、100万円くらい寄付すると思っています。勝手な予測なので、自由です。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。