無から生まれるもの

これは、9月17日の録音です。

一日の仕事を終えて、ぼうっとしていて思ったこと

ぼくは、だいたいやることをやったらスイッチを切って、ぼうっとします。何もしない。無になる。

無気力というわけじゃなく、ほっとすることを大事にしています。

これまでは頑張ってました

カレンダーや手帳に書き込んだことを計画して、あれこれやろうとすると、頑張っちゃいますね。

頑張るって、頑なになる、能力以上のことをやろうとすることだと思う。

そうすると、心にブレーキを感じてしまいます。

こうしたら、ああしたら、って、いろんなことを考えてしまい、結局知識にある無難な行動になってしまいます。あるいは、行動できないか。

どちらかというと、自然に生まれた行動のほうが、しっかりした行動になります。

不安や思考が、その都度、エネルギーを奪うからなんですね。

今だからわかること

そう思うようになったのも、これまでの頑張った経験、できないと思っていた自分があるから。

そういう意味では、生きているうえで無駄なことは何ひとつないと思う。

失敗や、悲しみ、怒りなど、いろいろな経験をしてきました。

それが、今、生きているんだなってことに、改めて気づかされました。

心の中にあること

心の中には、いつも何かあるから、録音したり、文章にしたりして、取り出してみます。

取り出すことで、自分の考えがそれまでよりも鮮明に見えてきます。

取り出さない間は、考えは交錯しています。おぼろげでまとまりがありません。

どんな大切なことを考えていたとしても、いつの間にか考えていたことも忘れてしまいます。

取り出してみることで確かめることができて、整理ができます。

台風が過ぎると晴れます。この雨は穏やかです。

中村天風成功哲学三部作(3巻セット) 天風師講演録CD付 [ 中村天風 ]

価格:33,000円
(2021/9/20 13:45時点)
感想(1件)

すげーためになりそうな本を見つけました。1冊1万円の本ってふだん買わないと思うけど、ある方に内容の一部を教えていただきました。ネットにもいろいろと情報が出ていると思います。これは興味あります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。