クルマで安全にゆっくりと秋の道の走ります

これは、2021年9月27日 21:13にnote.comに投稿した音声記事を書き出したものです。

先週の金曜日、仕事の帰りに久しぶりに道路、速度取り締まりに合いまして、週末だったので、今日月曜日の朝、いわゆる国庫にいくらか納めてまいりました。

速度取り締まりね。久しぶりでした。ふだん、安全運転で心がけているので、まさかと思ったんですけど、まあしょうがないですね。見通しのいい直線でした。で、交通量も少なくて、天気も良くて。地元の地域の方はよく知っている、いつもやっているところでしょうけど。

それで、どう思ったかというと。

原点に戻ろうと思いました。

安全運転は間違いない。確かなことは間違いないので、気をつける場所で気をつけるのではなく、常に気をつけようと思いました。

もちろん、交通の流れというのはあるので、流れに沿って速度をクルマの速度を安全に走ります。もちろん、超過しないようにね。ゆっくり走れるときはゆっくり走ります。

今のクルマって、速度キープができるので、速度キープを利用しながら、安全に走ろうと思います。

どうしても、ある程度流れに沿って走っても、後続が急いでいるクルマがくっついて、接近してくることがあるので、その場合は、素直に道を譲ります。なるべくバス停とか、あるいは車線がちょっと広くなったところで譲るようにしています。

原点に戻る、これが一番です。

クルマの運転て、慣れるとついついスピード出しがちになります。自分だけの道ではないし、流れもあるし、その流れに沿って運転しようと思います。

実際にね、この2,3日、原点に戻って、運転してみると、急いで、スピードを出しても、そんなに到着時間は変わらないですね。なので、本当に変わらないですね。結構走るんですけど、50キロくらい、連続して走ったりするんですけど、変わりません。

なるべくスピードを出したくないので、県道とか、小さな道路を選択するようにしています。それでも到着する時間は変わりません。

秋です。安全運転が一番です。安全に、気持ちよく、運転したいと思います。

ご視聴ありがとうございました。ではでは。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。