レシートをおいしく“食べる”ハンディスキャナー

スキャナーというと、最近ではプリンタに付属しているフラットベッド・スキャナーが一般的だろう。あるいは、スマホのカメラアプリを使ったスキャンだろうか。

今回ここで紹介するのは、ハンディスキャナーと言われるタイプのスキャナーで、ぼくが使っているエプソンのDS-30という製品は、パソコンとUSBケーブルで接続する。USBバスパワーに対応しているので、電源は不要だ。

領収書とか、レシート類は、保管するのも大変だけど、整理するのも大変だ。毎日出てくる領収書などの帳票類を片っ端からこのスキャナーを使って読み取っておいて、ぼくはクラウドの分類されたフォルダー内に保存している。使用するクラウドはDropbox(ドロップボックス)でも、OneDrive(ワンドライブ)でもなんでもいい。ぼくはドロップボックスやワンドライブは他の用途に使っているので、もう何年もSugarSync(シュガーシンク)を有料で契約をして使っている。

一度このスキャナーで読み取ったら、帳票類は、まとめて保管してしまえばいい。クラウドに保存されていれば、あとで見たいときに、インターネットに接続されている端末があれば、パソコンからでも、タブレットからでも、いつも持ち歩いているスマホからでも読み込んで確認することができる。

毎日保存作業をしていれば、保存日で検索もできるので、たびたび領収書の束を「掘り出す」作業をする必要がない。いつでもサッと確認できて便利だ。

DS-30の接続方法は、USBケーブルでの有線接続のみなので、据え置きで使えるパソコンがある場合に役に立つ。もちろん、帳票類だけでなく、A4の文書や写真なども最大600dpiまで読み込めるので、L判程度の写真なら、そのままスキャンしてプリントアウトといった用途にも使えそうだ。

ちょっとコツが必要だが、連続スキャンにも対応しているので、おいしそうに紙を食べる様子をぜひ体験してほしい。

エプソン ドキュメント スキャナー DS-30 (モバイル/A4/CISセンサー/USBバスパワー)

新品価格
¥12,000から
(2021/3/10 00:07時点)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。