時間を削るか、それとも重ねるか

ぼくもそうですけど、なにげに「時間を使っている。」と考えてしまいます。

あるいは、限りある時間を「消費している。」とか「削っている。」とか言ったりしませんか。

でも、実際には、現実として、時間は「重ねている。」ものです。

1時間の間に、何をしたとしても、1時間の経験を重ねているわけです。

眠っていたから、その分の時間がなくなったわけじゃない。

時間は常に「経験」です。

年齢と時間

60歳になったら、人生が残り少なくなったと思う人もいるかも知れません。

ぼくは、60年の経験を重ねた。すごく貴重な経験をしてきたと思います。

少なくとも、「失う」という意識で時間を過ごすのか、「重ねる」「経験する」という意識で時間を過ごすのかで、これからの人生は変わり始めると思う。

今から、また大切な時間を重ねて生きようと思います。

お金のブロック

ふと、この「時間を消費している。」という感覚は、お金のブロックに繋がっていたんじゃないかと思いました。持てるお金は限りがあって、「失っていく。」んだと。ずっとその意識がどこかにあった。

もちろんね、いろんな意味で、積極的に意味のあるところにお金を使ってきたから、前よりブロックはないと思っていました。

けれど、「失っていくもの。」という意識が常にあったとしたら。

それは、大きなブロックだし、ブレーキになっていたんじゃないだろうか。

それを、知って、認めるだけでいい。

お。

なんか、これから、すごいかも。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。