ToDoまたは、タスクリストを使って、近い将来の予定を決める。

ToDo・・・「トド」では、ありません。「トゥードゥ」と読みます。「やるべきこと」のリスト、というような意味です。大ざっぱに「あれ、やっておこう。」というようなことをリストに書いておきます。その中で「じゃあ、今日はこれをやろう。」というタスク(仕事)リストに振り分けていきます。

例えて言うなら、机の近くにペタペタと貼り付けた「付箋」がToDoリストで、その中から、抜き出して、手帳のカレンダーページに書き出したものがタスクリストという感じです。これをパソコンでやれば、一覧で見えるし、スマホからもアクセスできます。カレンダーと連携できるし、リマインダーを設定することもできて便利です。

ずっと以前に面白がって、なんでもやたらToDoリストに書き加えていったら、リストが増えすぎて、整理するのに四苦八苦して、かえって面倒になってやめた記憶があります。当時は「やりすぎない」コツがわからなかったんですね。なんでも、一度にやろうとすると、パソコンに限らず大変な作業になります。ひとつひとつ、片付けながら、あとは忘れていいわけです。忘れる時間を作る、その方が効率がいいわけです。そのためのリストということに気づけば、絶対に忘れてはいけないことだけをリストに加えることになります。

Googleのカレンダーとタスクリストを使う

ぼくの場合は、Googleのカレンダーをずっと使っているので、パソコンでも、スマホでも、タブレットからでもアクセスできるGoogleのアプリを使っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。