SNSを個人の情報発信ツールとして利用する

情報収集ツールとしてのインターネット

インターネットは、誰でも今は「調べもの」をするときに便利に使っていますね。

スマホ、タブレットは、常にインターネットにつながっています。

声での検索もカンタンで、サッと知りたい情報が見つかります。

便利ですねぇ~♪

今は当たり前だけど、ほんのちょっと前には考えられなかったことです。

自分で発信する

一方で、自分から情報を発信するというのは、どうでしょうか。

電話やメッセージ、LINE、今ではZoomも使われていますね。

これは、電話やメールの延長線上にあるもので、とてもプライベートなものです。

知っている者同士のやり取りに限られています。

「知らない人には見られたくない。」

FacebookやInstagramなども、公開を友だちに限定していることがほとんどです。

ネット社会の特殊性

ネット社会には、実社会が持っている「制限」がありません。

時間の制限・・・たとえばこの文章も、誰もがそれぞれに自由な時間に読むことができます。
空間の制限・・・距離や場所によって、状況は変わりますが、国や距離を隔てた情報を得ることができます。
性別の制限・・・性別のみならず、年齢も同様に区別されません。
言語の制限・・・ブラウザ翻訳などで、言葉の障壁も感じることが少なくなっています。

逆にこのネット社会の制限のなさが、その匿名性もあって、誹謗中傷や詐欺その他の犯罪を生み出している側面もあります。

さらにネット社会の特殊性の大きな点は、拡散とそのスピードが挙げられます。(つづく)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。